スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWだよ! 北海道上陸! 函館本線巡りの旅! その3

うわー、気づいたらもうGWが終わってから1ヶ月以上経ってるー!
という訳で、すでに今さら感も漂いつつありますが、GW北海道旅、続きです!

12061101.jpg

前日は長万部で1泊し、3日目の朝を迎えました。
この日は、朝から霧がかったちょっと幻想的な雰囲気。
ここから、さらに小樽方面に向かって函館本線を北上・・・するのですが、その前にちょっと寄り道。
一旦函館方面に少し戻って、降りたのは・・・

12061102.jpg

こちら、国縫(くんぬい)駅です。
函館本線の中でも立派な木造駅舎が残る駅で、気になっていたのでした。

12061103.jpg

かつて国鉄時代は、ここから瀬棚線というローカル線が分岐していたそうです。
立派な駅舎からは、分岐駅としてにぎわっていたであろう往時の姿が偲ばれます。
今はこの駅も、歴史から忘れ去られたようにひっそりとして・・・

・・・と思っていたら、おそらく長万部方面に向かうのであろう高校生たちが何人もやって来て、
駅はひとときのにぎわいを見せました。
なんだか、ちょっと嬉しくなった自分。
勝手にセンチメンタルな気分になってみたけれど、
なんのことはない、この駅は、まだまだ必要とされているのですね。
高校生たちからしてみれば、朝からいかにもよそ者の自分が駅をウロウロしている姿は、
大層怪しかったと思いますがw

そして再び長万部に戻り、ここから函館本線は、「山線」と呼ばれる区間に入ります。
ここからは列車の本線もぐっと少なくなり、ローカル線としての側面が一層強くなります。

まず、長万部から2駅先の、蕨岱(わらびたい)駅に下車。
これまた読めない駅名ですね・・・
JRの駅を50音順にすると、1番最後に来る駅だそうです。

12061104.jpg

目の前に道路があり、比較的交通量は多いものの、
辺りに目立った人家はなく、秘境気分を味わえます。

12061105.jpg

驚いたのは、待合室の中!
見た通り、北海道によくある、車掌車を改造したタイプの待合室ですが・・・

12061106.jpg

中は、予想外にすっごくキレイ!
掃除が行き届いていて、駅ノートも綺麗に保存されています。
もう、駅寝だって余裕でできますよ!
こうして小さくても、色んな人に愛されて、綺麗に保たれている駅に出会えると嬉しくなってきます。
こうして、次の列車を待つ間、実に快適に過ごすことが出来たのでした。

ところで、流石は北海道。標高の高い山の中だと、未だに至る所に雪が残っています。

12061107.jpg

朝の霧もすっかり晴れ、車窓からは、ニセコアンヌプリの美しい山並みや・・・

12061108.jpg

「蝦夷富士」こと羊蹄山の眺めが楽しめます。

12061109.jpg

そんな絶景を横目にしつつ、降りたのはニセコ駅
スキー場始め、山線の中でも随一の観光スポットの揃う駅です。

12061110.jpg

駅も観光地らしく、大きくてとってもお洒落!

12061111.jpg

でも、今回の目当てはスキーではありません。
駅前にある、こちらのニセコ駅前温泉、「綺羅の湯」です。

12061112.jpg

幸い、待ち時間はたっぷりあります。
のんびりと温泉に浸かり、旅の疲れを癒したのでした。

さあ、絶景を愛でて温泉も楽しんだら、そろそろ今日の宿に向かうとしましょう。
ニセコ駅の隣にある、こちらの駅で下車します。

12061113.jpg

山の中にあり、周りには特に何もなさそうですが・・・
・・・え!? ここが今日の宿!?

という訳で、続きはまた次回!(笑
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【GWだよ! 北海道上陸! 函館本線巡りの旅! その3】

うわー、気づいたらもうGWが終わってから1ヶ月以上経ってるー!という訳で、すでに今さら感も漂いつつありますが、GW北海道旅、続きです!前日は長万部で1泊し、3日目の朝を迎え
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。