スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三陸鉄道、復興の足音

2月も終わりにさしかかり、もうじき3月になりますね。
でも、朝晩と寒い日が続き、春の陽気を感じるまではもう少し時間がかかりそうです。
まだ寒さの厳しい2月19・20日、半年ぶりに、岩手の三陸鉄道を訪れました。

12022901.jpg

まず1日目は、山田線で盛岡から三陸鉄道北リアス線の起点、宮古に向かいます。
山田線からの眺めは白一色。まだまだ山中は雪深いです。

12022902.jpg

そして宮古駅に到着。
現在北リアス線は、この宮古駅から小本駅の区間と、
陸中野田駅から久慈駅までの区間を走っています。

12022903.jpg

列車に乗り込み、まずは昨年、瓦礫の山と更地のみの光景が広がり、
衝撃を受けた田老駅に向かいます。

12022904.jpg

田老駅で降り、改めて駅前の風景に目を向けます。
津波で、大きな被害を被った田老地区。
半年前と比べ、瓦礫の量は減ったものの、更地が広がる寂しい光景に大きな変化はありません。
いつの日か、またここに街は甦るのでしょうか。
それとも、やはり多くの人は高台に移り住むことになるのでしょうか。

12022905.jpg

12022906.jpg

一旦宮古へ戻り、少し時間を潰してから再び列車に乗り、終点の小本駅へ。
部活帰りでしょうか、高校生の利用者が多かったです。
こうして、今も沿線の人たちの貴重な足として活躍しているのを見ると、
この鉄道が、本当にたくましく思えます。

12022907.jpg

12022908.jpg

2日目は、盛岡からバスに乗り込み、北リアス線の終着駅である久慈駅へ。
ここから、現在列車が走る陸中野田駅までの区間は、
震災後、最初に運行を再開して復興支援列車が走った区間でもあります。

12022909.jpg

12022910.jpg

陸中野田駅を下車し、しばらく歩くと・・・

12022911.jpg

12022912.jpg

新しい線路がひかれた風景に出会いました。
現在三陸鉄道は、2014年の全線再開を目指し、復旧作業に取り組んでいます。
そして、今年の4月1日には、田野畑~陸中野田の区間の運行が再開されるそうです。

12022913.jpg

今回は、この新しいレールを見たくて、この遠い地までやって来ました。
甚大な被害を受けながら、「地域の足」として、復旧にこだわり続けた三陸鉄道。
この新しいレールは、復興に向けた、希望の道に見えてきます。

12022914.jpg

もうじき、あの震災からちょうど1年。
あの田老地区のように、未だ様々な場所で震災の爪痕は大きく残っています。
それでも、三陸鉄道は、未来に向けて力強く歩み続けています。
皆さんも、この鉄道に乗りに行ってみてください。
きっと、復興に向けた風景が、あちこちに見えてくるはずです。

12022915.jpg
スポンサーサイト
コメント

No title

更新乙です。
ほとんど更地となった駅近辺の画像を見て何とも言えない気持ちになりました。

東北のいち早い復興を願うばかりです。



私事ですが自分の住んでいる北海道で笑えるような笑えないような電車にまつわる事故がありました(本州ではニュースになってないのかな?)

先日JR函館線の八雲駅(笑)付近で除雪不足が原因とみられる電車の脱線事故がありました。
幸いにも大事故にはつながらなかったのですが最近JR北海道は何かと良くないことばかり続いて。。
利用者として少々不安です。。

最後になりましたが
次回の動画も楽しみに待っております。
長々と失礼しました!

No title

初めまして。いつもニコニコにて動画を楽しませていただいてます。
八雲一家(+α)の鉄道旅行には、愉快なストーリーの中にも、みんちゅさんの鉄道への思いが垣間見られ、何かを考えさせられると言いますか、ドキュメンタリーを見ているような気分になれます。

さて、今回の旅行についてですが、みんちゅさんも三陸鉄道に乗車されたのですね。
震災で甚大な被害を受けながらも力強く前に進んで行く三陸鉄道の姿は、本当に素晴らしいものです!

私が働いている宮城県においても、去年11月、仙台臨海鉄道が(これは貨物専用鉄道ですが…)一部区間で悲願の運転再開を果たした他、仙石線も東名、野蒜付近のルートを変更した上で、2015年度での全線復旧を目指すなど、徐々に明るい話題が入り始めています。

一方で、三陸海岸を走るローカル線の多くは、今だ運転再開の目途は立っていません。このまま廃線となってしまうのは、避けたいものですが…。

荒野と化した街の跡、うず高く積み上げられた瓦礫の山や、被災した方々の辛い生活を目の当たりにするたびに、今回の震災は、まだ終わってはいないのだということを、嫌でも実感する日が続いています。



時間はかかるかもしれません。しかし、人間諦めなければ、必ず困難に打ち勝てると、現地の方々はおっしゃっています。私も仕事を通じて、微力ながらもそれをお手伝いできればと考えています。

近々東北には、遠路はるばる四国から、アンパンマントロッコがやって来ます。列車が被災地に希望と笑顔を届けてくれるのが、今から楽しみです。それは、三陸鉄道も同じでしょう。近々、支援も兼ねてまた乗りに行こうかと思います。

長文失礼しました。次回の『途中下車の旅』も、楽しみにしております。製作頑張ってください!

Re: No title

> アブサン様

実際に被害にあった場所に行ってみると、形容すべき言葉もなかなか見つかりません。
少しでもできることをして、復興につなげたいですね。

八雲駅の事故については私もニュースで知りました。
雪の季節ということもあるのでしょうか、
最近は確かに北海道で列車の事故が多いように思えますね。

大きな事故が、今後起こらないことをお祈りしております。

Re: No title

> ササッチ様

初めまして! ご訪問&コメント、どうもありがとうございます。
動画の方もご覧頂き、どうもありがとうございます!
少しでも楽しんで頂けたのなら嬉しいです^^

三陸鉄道はじめ、被災した鉄道も徐々に復旧が始まっているようでなによりです。
その反面、未だ復旧のめどが立たない路線が多くあるのも事実ですよね・・・
でも、実際に三陸鉄道に乗り、お年寄りや学生、家族連れなど、
地元の方々が多く利用されている風景を見ていると、
やはり地元にとって、鉄道はなくてはならないものだと改めて感じます。

時間はかかっても、復興に向けた道のりを少しづつ歩んでいってほしいです。
そして私たちも、旅行したりお土産を買ったりすることで、
微力ながら少しでも応援していきたいですね!

No title

その昔(?)、関東の北の辺境で幻想郷の偉大なるBB・・・大妖怪が今一つ影の薄い神様たちに見せてあげたそうですよ。
「終焉の先にある風景」を。

もうすぐ、また春がやって来ますね。
あの日、春を迎えることなく去って行ったものたちのためにも、彼らの残した「秋の実り」を僕らは大切にしなくては・・・
元通りにはできなくても、より良いものを作り直すことはできると思います。
願わくば、それが100年後くらいにまた「これは平成時代につくられたとても貴重なものです」と語られるようになればいいですね。

No title

再度のご連絡大変失礼いたします。
旅休ドットコムの谷川と申します。
以前にもコメントを行わせていただきましたが、
この度、弊社では国内旅行情報サイト「旅休.com」をオープンさせていただきました。
それに伴い、ブログポータルも開設いたしますので、
是非貴ブログを掲載して頂きたいと思い、ご連絡させて頂きました。
旅行に特化していなければならないということもなく、掲載もちろんは無料ですし、
貴ブログのアクセスアップ、ブログ紹介の窓口のひとつとして考えていただければ幸いでございます。

☆ご掲載に関しましてご興味がおありの場合、下記よりご登録いただけますのでよろしくお願い致します。☆
↓↓↓
http://tabikyu.com/blog/form/index.php

(※掲載にあたっては「旅休.com」のトップURLをリンクしていただきます。)

また弊社フェイスブックもございますのでコメント等もいただければ幸いでございます。
↓↓↓
http://www.facebook.com/pages/旅休com/138314426278929

その他ご不明点ご質問などございましたらお手数ですが
下記連絡先までお願い致します。
この度は再度のご連絡大変失礼致しました。


【運営会社】
デジタルゲートオンライン株式会社 
担当 谷川
メール:tanigawa@dgo-inc.com
電話:03-5777-0395 
WEB:http://tabikyu.com

Re: No title

> 旅休ドットコム 谷川様

再度のお誘い、どうもありがとうございます。
登録させて頂くかどうか、改めて検討させて頂き、
ご連絡差し上げたいと思います。
宜しくお願いします。

Re: No title

> 空野鳩羽様

コメント返しが遅くなってしまい申し訳ありません。
今年の春には、陸中野田から田野畑までの区間が復旧し、
着実に、復興に向けて三鉄は歩み続けていますね。
この災害を乗り越えて、100年先まで残って、
そして語り継がれてほしいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。