スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤沢森林鉄道で、疲れた体もリフレッシュ♪

夏の暑さはどこへやら、朝晩はすっかり涼しくなり、
今年もまた紅葉の綺麗な季節がやってきました。

毎年、どのローカル線に乗って紅葉を楽しもうか迷う自分ですが、
今年はちょっと趣きを変えて、長野の赤沢森林鉄道に乗ってきました!

11102501.jpg



まずは新幹線で名古屋に向かい、中央線に乗り換えます。
中央線も、なかなか景色が綺麗でのんびり乗るにはいい路線ですよね。
東京、新宿からつながってるとは思えないです。

11102502.jpg

写真は、車窓から見える名勝、「寝覚の床(ねざめのとこ)」です。



11102503.jpg

そして、上松駅にて下車。
バスに乗り換え、揺られること30分・・・

11102504.jpg

ここ、赤沢自然休養林に到着です!
ここは、樹齢300年を超える木曾ヒノキの天然林をはじめとして、
様々な針葉樹で構成されている国有林で、
かつては伊勢神宮などの御神木や多くの建築用材を産出する一大森林地でした。
現在は公園地として天然林が保存され、森林浴発祥の地としても有名です。

そして、園内での大きな目玉の1つが・・・

11102505.jpg

11102506.jpg

この、「赤沢森林鉄道」なのです!
かつて、木曾の地には、切り出した材木を運搬するための森林鉄道が多く走っていました。
「木曾森林鉄道」の総称で呼ばれたそれらの鉄道は、
最盛期には400kmもの総延長を誇っていたそうです。
トラックの台頭と共にそれらの森林鉄道も姿を消していきましたが、
この赤沢自然休養林の中では、その森林鉄道の一部が復活して動態保存されているのです!

乗車前に、乗り場に併設されている森林鉄道記念館を見学。
ここでの目玉は、この蒸気機関車「ボールドウィン号」

11102507.jpg

大正4年、アメリカ生まれの機関車で、かつて木曾森林鉄道で実際に活躍していたものです。

それでは、いよいよ森林鉄道のトロッコ列車に乗車。
ちなみに乗車券は、本物の木曽ヒノキでできた木製の乗車券で、いい香りがします♪

11102508.jpg

平均時速7kmで、のんびり走るトロッコ列車。
外から入る、緑の香りのする風が心地よいです。

11102509.jpg

11102510.jpg

11102511.jpg

11102512.jpg

すでに紅葉の盛りは過ぎ、若干落葉が目立ったのがやや残念だったものの、
それでも車窓から眺める天然林は実に涼やかで、のんびりした気分になってきます^^

11102513.jpg

ほどなく、列車は折り返し点の「丸山渡停車場」に到着。
ここから折り返して、もとの乗り場へと戻っていきます。

11102514.jpg

11102515.jpg

往復わずか2.2km、時間にして25分間の短い旅ですが、
かつての森林鉄道の雰囲気を存分に味わえる、とっても魅力的な鉄道でしたよ~!
(ていうか、楽しかったのでもう1周乗っちゃいました^^;)



せっかくなので、自然林の中を散策して、森林浴も楽しみます。
季節柄、もっと肌寒いかと思っていましたが、
天気が良かったせいか、ほどよく涼しくて、ハイキングにはとってもいい感じです。

11102516.jpg

11102517.jpg

11102518.jpg

結構歩き回りましたが、不思議とあまり疲れも感じません。
・・・はっ、これが、天然林のマイナスイオンの効果!?Σ( ̄口 ̄*)



・・・という訳で、普段のローカル線散策とは一味趣きを変えた、森林鉄道巡りでした~。
行くまでちょっと時間がかかりますが、首都圏からも頑張れば日帰りで行けるし、
仕事や学校で疲れたときは、自然林と森林鉄道で
リフレッシュするのもアリかもしれません(*^▽^*)
次は、新緑の時期に行ってみたいですね~。

11102519.jpg
スポンサーサイト
コメント

No title

お久しぶりにコメントさせていただきます。

有名な木曾森林鉄道の車両が動態保存されていたとは・・・
普段乗ってる鉄道とはまた違った落ち着いた雰囲気の場所ですね。
日帰りできる場所にこんな光景が広がっているとは・・・時間があるときにでも行ってみたいものです。

あと、遅ればせながら第13回の動画見させてもらいました!
あのボリュームで全編とは・・・本当に肥薩線って魅力いっぱいの路線ですよね。
自分が去年乗った時が夜だったのが本当に惜しまれますw
また機会を見つけて行って、今度は昼の肥薩線で絶景を堪能してきたいです!
後編も期待してますよw

Re: No title

> 琥龍様

普段のローカル線巡りとはまたひと味違いますが、
豊かな自然の中、昔の森林鉄道の雰囲気を存分に味わえる、
とても楽しい鉄道ですよ^^ お時間がある時にはぜひ!

そして、動画もご覧頂きありがとうございました!
絶景をはじめ、紹介したい見所が多すぎて実に困りました^^;
後編も、もう間もなく公開できると思いますので、
しばしお待ちくださいね!

No title

木製の切符良いですね・・・
私、こういう記念品的な物に弱いんですw

ボールドウィン号の迫力もさることながら、ベージュカラーの機関車も美しいですね。
木曽福島周辺は遊ぶのに事欠かない所なので、行くならガッツリ時間を取って行きたいですw

近年、紅葉を見に行く機会が無かったので、今年は行こうと思ってます、もちろんここへ。

Re: No title

> のりタマ様

自分も、こういう記念品的なものは大好きですw

小ぶりながらも、機関車が森の中を縫って走る様は楽しいですよ!
あまり知られていないスポットですが、今年の紅葉狩りはぜひこちらへ♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。