スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆休みに行く、北東北の旅 ~3日目:三陸鉄道(宮古~小本間)

気づいたらお盆休みからもう1ヶ月以上経ってしまいました(汗
割と今更になってしまいましたが、お盆休みの東北旅行記、3回目です。

11092301.jpg

前日は盛岡で一泊。
3日目の早朝、盛岡駅前からバスに乗り込みます。
バスに揺られること2時間あまり、向かった先は・・・

11092302.jpg

ここ、宮古駅
そう、3日目は、ここから三陸鉄道に乗り込みます!

11092303.jpg

津波で、大きな被害を受けた三陸鉄道。
微力ながらもせめて復興の一助になればと、
この三陸鉄道に乗ることが、今回の旅の一番の目的でした。

何人かの乗客と共に、列車は宮古駅を出発。
現時点で線路が復旧している、小本駅まで向かいます。
宮古駅を出て、しばらくはごく普通の車窓が続き、震災の影響はあまり感じさせません。
しかし、田老駅付近で突如として瓦礫と更地だけになった風景が広がり、
改めて、津波の爪あとが未だ深く残ることを実感させられます。

11092304.jpg

列車は、40分あまりで小本駅に到着。
高台にある見晴らしの良い駅で、周りを包む緑に、ほっと一息つきます。

11092305.jpg

久慈方面を見ると、トンネルの入口に、留置されている車両が見えます。
あの列車が、トンネルの向こうまで、また走り出してくれる日が早く来るといいですね。

11092306.jpg

再び列車に乗り込み、一旦宮古へ戻ります。
車内は、家族連れのお客さんも多く、ほぼ満員状態。
震災の後も、こうしてたくさんの人の足になっているのだなあと思うと、
本当にこの鉄道が頼もしく思えてきます。

宮古駅に戻り、せっかくなので観光を。
バスに乗って、浄土ヶ浜を散策しました!
流石、国立公園にもなっているだけあって、聞きしに勝る美しさです!

11092307.jpg

11092308.jpg

11092309.jpg

浄土ヶ浜観光を堪能した後は、再び宮古駅から三陸鉄道に乗車。
車窓から見た光景が気になっていた、田老駅に降りました。

11092310.jpg

11092311.jpg

11092312.jpg

・・・しばらく、あっけに取られてしまいました。
高台の駅から見下ろした、かつて町があったであろう場所は、
ただ瓦礫と一面の更地が広がるばかり。

11092313.jpg

11092314.jpg

浄土ヶ浜で見た、穏やかで美しかった海。
ひとたび牙をむけば、こんなにも恐ろしいものになる。

11092315.jpg

11092316.jpg

11092317.jpg

ここに来て初めて、報道の中の出来事だった震災の恐ろしさを肌で感じました。
歩くたび、自分の中で、やるせなさと寂しさと悲しさと、
なんともいえない罪悪感がつのっていきます。
・・・何か、自分に出来ることをしなければ。
スポンサーサイト
コメント

No title

初めまして、写真を見せていただきました。
地震の様な大災害は本当に恐ろしいですね・・・。
今回の場合、1次災害と2次災害が重複して深刻な事態になっていますから・・・。
何とも1日も速く復興してほしいものです。

Re: No title

> 欠片様

はじめまして! ご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

今回の震災は、地震自体の被害はもとより、
津波や原発といった2次災害がさらに深刻ですよね・・・
自分も実際に被災地の様子を目にし、こんなにも恐ろしいものなのかと実感しました。
被災地の、1日も早い復興を切に願います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。