スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深山幽谷を行く、黒部峡谷鉄道

食欲の秋、読書の秋、行楽の秋!
そして、秋といえば紅葉の季節!
という訳で、日・月と、2日間かけて黒部峡谷鉄道を旅してきました!

10110901.jpg

絶景路線として名高い黒部峡谷鉄道ですが、
特に紅葉の季節の車窓の美しさは格別と聞きます。
期待に胸をふくらませつつ、乗り込んでみると・・・

10110902.jpg

10110903.jpg

本当に、ため息が出るほど素晴らしいです!
折りしも11月始め、黒部峡谷は紅葉真っ盛り。
見える景色全てが絶景で、片時も車窓から目が離せません。

2日目はあいにくのぐずついた空模様でしたが、
霞がかった山々は実に幻想的で、これもまた良い眺めです。

10110904.jpg

10110905.jpg

10110906.jpg

窓なしのトロッコ車両だと、かなり雨で濡れますが^^;
でも、この感動は開放的なトロッコならではですね!

10110907.jpg

歴史上、人の侵入を拒み続けてきた黒部峡谷。
今なお厳しい自然にさらされているのは、
この鉄道が冬季は休業してしまうことからもうかがえます。
でも、ダム等が造られたとはいえ、ほとんど人の手が入っていないからこそ、
こんなにも素晴らしい自然が残っているのだと感じます。
ある意味、幻想郷に最も近い鉄道かもしれませんね^^
スポンサーサイト
コメント

No title

なんという黒部の世界ww
是非とも言ってみたいですねぇ。
特に黒部の水の味はまた格別・・・

ちょっとした予告
12月4日 ワイドビューしなので信州散策旅行
主な路線(東海道本線・中央西線・篠ノ井線)
(時間があれば長野電鉄特集でもやろうとおもいます)
およそ500kmで6時間の長旅…振り子に振られながら行こうと思います。

No title

お疲れ様でした。
噂には聞いていましたが、ここまで自然が素晴らしい場所だなんて・・・井川線顔負けじゃないですかw
今でもここまで美しい自然が残る場所なんて少ないですし、いつまでも残り続けてほしいものですね。

お久しぶりです

黒部渓谷鉄道ですか…懐かしいですね^^
近いと言う訳じゃないのですが、実家から電車で1時間ちょっとで乗車出来る場所柄、何度か乗った事もあります^^ あの自然は地元民でも溜息が出る程素敵で、やはり今が一番見頃だと個人的には思ったりします^^

久しぶりに写真で見れて嬉しかったです♫
有難う御座いました^^

Re: No title

>A.I様

今回は黒部のお酒が飲めなかったので、
次に行く時は、ぜひとも黒部の水で作った日本酒で一杯やりたいですねw

> ちょっとした予告
> 12月4日 ワイドビューしなので信州散策旅行

最近、あまり信州方面に行っていないのでうらやましいです。
私も、時間を作ってのんびり長旅がしたいですね^^

Re: No title

>琥龍様

黒部の峡谷の美しさは、井川線に負けず劣らず、といった印象でした^^
井川線もそうですが、このすばらしい自然は、
いつまでも残り続けてほしいですね。

Re: お久しぶりです

>けにー様

1時間で行けるなんて羨ましいですw
ちょうど紅葉が一番綺麗な時期と駅員さんもおっしゃっていて、
運がいい時期に行けたと思います^^

> 久しぶりに写真で見れて嬉しかったです♫
> 有難う御座いました^^

拙い写真ではありますが、喜んで頂けたのならとても嬉しいです^^

お疲れ様です

みんちゅさんこんにちは、お久しぶりです
黒部峡谷鉄道ですか、すばらしい大自然ですね。
あと、トロッコ列車というのも自然を引き立てている
大きな役割を果たしていますよね。
状況的に難しいですけど、こういう自然にはあまり手を加えずに、ありのままの姿でいつまでもあってほしいものですね。
今回もすばらしい路線を紹介していただいて本当にありがとうございました。

No title

こんばんは、お久しぶりです。

黒部峡谷鉄道は開業当時、物流目的しか無かった路線だったものの、あまりの景色の良さに客が殺到し、切符の裏に「命の保障は致しません」というショッキングな文言が書かれたという逸話はご存知ですか?現在こそ安全に利用できる峡谷鉄道ですが、当時は観光客を想定していなかったので、当時の経営者たちは慌てて仕方なく上記の文言を切符に書き、対応したとのことです。

安全が十分確認されないまま「命の保障はしません」と書かれた切符を持ちながらの乗車は、中々スリルのある旅だったことでしょうw

ところで、みんちゅ様はご自宅からどのように黒部まで行かれたのですか?
京都在住の私は、随分前にサンダーバードで宇奈月温泉まで直行しましたが関東からだと、はくたか号、北越号、能登号、あずさ号(信濃大町・黒部第四ダム経由)、更には飛行機(富山空港)と選択肢がありますよね。

それでは、失礼致します。

No title

こんばんは。
昨日に広島へ、そして今日は高野山に行ってきました
2日とも途轍もなく快晴で良いおでかけ日和となりました。
しかも高野線に関しては
30000系2代目こうや
31000系3代目こうや
2000系天空を写真に収める事に成功。
また橋本~極楽橋間は秘境駅もたっぷりありました。

高野山のおまけ
高野山と言えば
神奈備命(AIR)
ラオウ(北斗の拳)※ラオウ昇魂式関係で
などアニメで有名なスポットでもあります。


Re: お疲れ様です

>五郎左衛門様

窓付きの特別客車もいいですが、やっぱり窓のないトロッコが一番ですね!
景色にもマッチしてますし、何よりその大自然をダイレクトに感じられます。
雨が降ろうが、風が吹こうがへっちゃらです!(笑

本当に、手付かずの自然がこれからも残されていてほしいですね。

Re: No title

>板井洋様

>「命の保障は致しません」というショッキングな文言が書かれた

話には聞いたことがありますが、今から考えるととてもすごいことですね。
それだけ、自然の厳しい場所であったのだと思うと納得です。

> ところで、みんちゅ様はご自宅からどのように黒部まで行かれたのですか?

私は東京から新幹線で越後湯沢、そこから「はくたか」で魚津に出たのち、
富山地方鉄道に乗り換えて宇奈月まで・・・というルートで行きました。
朝が早かったので行きの列車の中ではほとんど寝てました(笑
でも、「はくたか」車内で日本海が見えたときはちょっと嬉しくなりましたね、
「日本の反対側まで来た!」・・・って思えて^^

Re: No title

>A.I様

高野線の旅、お疲れ様でした!

高野線もまだ乗ったことがありませんが、
列車も車窓も周辺の名所旧跡も魅力あるものがいっぱいで、
ぜひ一度旅してみたいですね~!
そして秘境駅、と聞くと思わずそそられてしまいますね(笑
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。