スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥薩線巡りの旅 2日目

ではでは、肥薩線巡りの旅の2日目をレポートいたしますー。

前日は、ほぼ丸1日、移動に費やしましたが、
肥薩線巡りの旅は、いよいよここからが本番です!

10082201.jpg

まずは隼人駅から、特急「はやとの風」に乗り込みます。
薩摩隼人っぽい、とでも言えばいいでしょうか。
黒い車体が、凛々しくてかっこいいです^^
中に乗り込むと…

10082202.jpg

おお~、全体的に木目調で、おしゃれな感じですね!
展望スペースは、窓が広く、ダイナミックに風景が流れていきます。
そしてこの「はやとの風」車内で、予想外にラッキーなことが!

10082203.jpg

こちら、幻の駅弁「かれい川」をゲットしました!!
こちらのお弁当、地元の野菜をふんだんに使った郷土料理の詰まったお弁当で、
九州駅弁ランキングで、数々の強豪を退け2年連続1位に輝いているそうです。
土日祝日に嘉例川駅前で販売する他、予約があれば「はやとの風」車内でも販売するそうですが、
2日前までにJR九州のみどりの窓口で予約が必要と聞いていて、諦めていたんですね。
どうやら、少数限定で当日販売も行っているようです。本当にラッキーでした!

10082204.jpg

もう、食べた感想は「美味しい!」の一言!
一切肉を使っていないのに、こんなに美味しいお弁当が作れるんですね。
なんていうか、とっても優しい味がします。
箱も、竹の皮で1つ1つ手作りで作られていて、こだわりを感じます。
箱を捨てるのももったいない感じでした^^;

そんな、幻の駅弁に舌鼓を打ちつつ、まず最初に下車したのは大隅横川駅
この駅は、明治36年の開業当時からの駅舎が、完全にそのままの姿で残っており、
国の登録有形文化財に指定されていることで有名です。

10082205.jpg

折りしも、駅に着く前後から、雨が降り始めました。
でも、いつもは憂鬱な気分になる雨も、この駅舎には、なんだか似合っている気がします。
長い風雪に耐え、実に100年以上もの間、ずっとここに建っていたのだと思うと、
しとしと降る雨にも風情を感じてしまいます。

10082206.jpg


続いて下車したのは、嘉例川駅
こちらも大隅横川駅と同様、明治時代からの駅舎がそのまま残っており、
大隅横川駅と共に鹿児島最古の駅として、登録有形文化財に指定されています。

10082207.jpg

こちらでは、駅に降りると、にわかに晴れ間がのぞきました。
雨上がり、日の光をあびてきらきら光る駅舎を見つめていて、
100年前から変わらないその美しさに、なんだか胸がいっぱいになりました。
駅舎の中の木のベンチに座っていると、まるで時が止まったかのような感覚を覚えます。

10082208.jpg


そんな2つの100年駅舎を見た後に訪れたのは、ここ、表木山駅です。

10082209.jpg

この駅は待合室のみの小さな駅で、先の2つのような立派な駅舎がある訳でもありません。
でもこの駅は、周りが緑に包まれていて、ちょっとした秘境気分が味わえます。
余計な音が聞こえなくて、静かで、こんな駅でのんびりするのはやっぱりいいものですね。

そんな個性的な3つの駅を堪能した後は、再び人吉方面に向かいます。

10082210.jpg

吉松駅前で展示されているSLを見学した後、

10082211.jpg

今度はこの「いさぶろう・しんぺい号」に乗って、昨日に続いて矢岳越えに挑みます!
「いさぶろう・しんぺい号」の詳しい紹介は、3日目のレポの方にとっておきます。
折りしも、この山越えのあたりから外は強い雨に見舞われました。

10082212.jpg

山の天気は変わりやすいです。
明日は少しでもいい天気だといいな・・・。

そんなこんなで、列車は無事、人吉駅に到着。本日はここで一泊です。
本日は、大隅横川、嘉例川といった、歴史ある駅舎を中心に巡りました。
100年以上もの間、変わらない姿であり続けるというのは、本当に素晴らしいことだと思います。
どうか、この先もずっとずっと、変わらぬ姿で旅人を出迎えてほしいですね。

そして、3日目は最終日。
午前中は、「いさぶろう・しんぺい号」で大畑・矢岳・真幸の3つの名駅舎をめぐり、
そして午後は、いよいよ憧れの「SL人吉」に乗り込みます!
スポンサーサイト
コメント

No title

本当に素晴らしいことだと思います。
どうか、この先もずっとずっと、変わらぬ姿で旅人を出迎えてほしいですね。
http://www.shoptiffanysilver.com/

どうも~。毎回ブログ楽しく拝見させていただいております。いやあ「はやとの風」ってなんかいかにも九州男児っぽくてイカツい感じですね。駅弁も美味しそう。駅舎も一度は生で観てみたいものばかりですね。今度のゲストは誰なんでしょう。動画楽しみです。

Re: No title

>pandora bracelet様

はじめまして! ご訪問、ありがとうございます。

100年以上もの間、変わらぬ姿で人々を迎え続けていたかと思うと、
本当にすごいと思えてきます。
いつまでも、そのままの姿であり続けてほしいですよね。

Re: タイトルなし

>ナビックス様

「はやとの風」も駅弁も素晴らしいものでした!
駅舎も、ぜひ一度は訪れてみることをおすすめしますよ^^

>今度のゲストは誰なんでしょう。動画楽しみです。

すみません、遊びに行ってばかりでまたもや製作が遅れ気味です><
なるべく早めにUPしたいと思うので、待っていてくださいね!

No title

 みんちゅ様、こんばんは、ニコニコ大百科の掲示板でお目にかかりました。「板井洋(いたい よう)」と申します。
 私の実家はくま川鉄道の沿線にありまして、肥薩線は帰るときによく使うのですが、ここまで上手くまとめられているのは凄いですね。
 機会がありましたら、くま川鉄道湯前線にもぜひお越し下さい。例えば多良木駅前のブルートレインを使った宿泊施設など、面白い施設が多いですよ(^^
 また、人吉駅では今では数少ない駅弁の立売も行われていて、前日までに予約をすれば、昭和30~50年代に流行ったポリ容器のお茶も販売してくれます。ポリ容器のお茶と駅弁を傍らに、SLの旅を楽しむのも良いものですね。

Re: No title

>板井洋様

こんばんは! ご訪問、どうもありがとうございます。

くま川鉄道や肥薩線がすぐそばにあるなんて、板井さんのご実家はとてもうらやましい環境ですね~。
今回は、日程の都合でくま川鉄道には乗れませんでしたが、次はぜひ乗ってみたいですね!
ブルートレインを使った宿泊施設・・・訪れた際には、ぜひそこに泊まってみたいと思います^^

今回の旅では、人吉駅で駅弁の立ち売りのおじさんからお弁当を買うことができませんでした。
う~ん、残念です><
次に訪れる際は、ぜひお茶とセットでお弁当を買いたいと思います!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。