スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルートレインで行く江差線、郷愁の旅 後編

14012701.jpg

お正月旅行、失われゆくものを巡る旅。
その後編をお送りします。
さて前回、ブルートレイン「北斗星」に乗って函館へ、
そして江差線神明駅へとやってきました。
ちなみに、神明駅の駅ノートにはこんな書き込みが・・・

14012702.jpg

何やってんすか木佐貫選手( ̄▽ ̄;)

注)木佐貫洋選手は北海道日本ハムファイターズの現役投手。
  「プロ野球界随一の鉄道ファン」として有名。
  オフには鉄道旅行を楽しんでるとかなんとか。


さて、ダイヤが薄すぎな江差線。この辺りはまさにローカル線って感じです。
終点まで行く前に、一旦、函館方面に折り返します。
降りたのは、渡島当別(おしまとうべつ)駅

14012703.jpg

14012704.jpg

駅舎が教会風の洋風建築で、中にはなんとイエス像まで!
なぜこんな造りになっているのかというと、
近くに「トラピスト修道院」という男子修道院があるから。

14012705.jpg

列車の時間までしばらくあるし、せっかくなので、足を伸ばしてみます。

14012706.jpg

14012707.jpg

雪の降る中、駅から20分ほど歩きます。
途中の杉並木や雪原がとってもキレイ(´∀`*)

14012708.jpg

そしてたどり着きました、トラピスト修道院
ここは日本で最初の男子修道院として有名です。
雪景色の中、どこか荘厳な雰囲気ですね。

しかし体も寒くなってきたので駅へ。
そこからさらに列車で江差方面に向かいます。

再び木古内を過ぎて、湯ノ岱駅を過ぎた辺りから、車窓には天の川の眺めが。

14012709.jpg

そして、この辺りで見ておきたいものといえば・・・

14012710.jpg

そう、この天ノ川駅です!

これ、駅のように見えますが、実は駅ではありません。
駅そっくりに造られたモニュメントで、
江差線の振興と、地元・上ノ国町の街づくりの一環として造られたそうです。
駅名看板まで、本物そっくりですごいです!
でも、この車窓から見える眺めも、もうすぐ見られなくなってしまうのですね・・・

14012711.jpg

そして、列車は終点・江差駅へ。
思った以上に多くのお客さんが下車し、また乗り込みます。
駅や町の様子などじっくり見たいところではありますが、
残念ながらあまり時間もないので、そのまま折り返しの列車へ。

車窓からは、つかの間の晴れ間がのぞきました。
きれいだなー。。。

14012712.jpg

江差線に乗るのは、おそらくこれが最初で最後になると思います。
今日見たこの光景を忘れないようにしよう、そんなことをふと考えました。

14012713.jpg

さて、函館駅まで戻ってきました。が、のんびりしている余裕はありません。
(せっかく北海道まで来たんだし、ほんとはもっとのんびりしたかったんですが、
日程的に余裕がなかったんです。。。)
スーパー白鳥に乗って、一気に北海道を出て、青森駅へ!

そしてここから、帰りの列車として乗るのが・・・

14012714.jpg

そう、ブルートレイン「あけぼの」です!

そうなんです。今回の旅は、
行きに「北斗星」! 北海道で江差線巡り! そして帰りに「あけぼの」
と、「今のうちに乗っときたい」ものをまとめて制覇する、という旅立ったのです。
普通、北海道の帰りに「あけぼの」に乗る人はいないと思いますが・・・
それでも、どうしても乗っておきたかったんです。

14012715.jpg

上野から青森を結ぶこのブルートレインも、今年の3月には廃止されることが決まっています。
この「あけぼの」に乗れるのも、これが最後かもしれない・・・
そう考えて、帰りはこの列車に乗ることにしました。

18時23分、定刻通りに「あけぼの」は青森駅を出発しました。
今回ばかりは、わくわくする気持ちよりも、どこか物寂しさを感じます。

14012716.jpg

考えてみれば、初めて乗った寝台列車もこの「あけぼの」でした。
五能線が好きで、よく秋田まで来るために「あけぼの」に乗ったものです。
自分にとって、一番慣れ親しんで、好きな寝台列車がなくなってしまうのは、やはり寂しいです。

14012717.jpg

翌朝、8時50分。
予定より2時間遅れて、「あけぼの」は上野駅に到着しました。
まるで、名残を惜しむかのように。

今回は、「北斗星」、江差線、そして「あけぼの」と、
今後失われてしまうであろう列車や路線を巡りました。
この景色、列車がもう見れなくなる・・・そう思うと、寂しい気持ちはぬぐえません。
それでも、なくなる前に、訪れて良かった。
この景色、列車を目に焼き付けておこう。そう思えた、旅でした。

14012718.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅 - ジャンル : 旅行

コメント

No title

本当に何やってるんですかね~木佐貫選手(笑)
しかし、失われていく感覚は実に寂しいものです。周辺の山々や川の流れは変わらなくてもそこを走っていた鉄道はない。車窓からの眺めも望めない。本当に寂しいですよ。
おまけに私と言えば年始早々インフルエンザになってしまいまして計画していた初乗りも叶わず、仕事柄繁忙期であるが故休みも取れず鉄道の旅が恋しい今日この頃であります。
北海道の旅は駅舎も渋いし景色もいいし羨ましいなぁ。

No title

今年大学に入るものなんですが、2年前から動画を拝見させていただき「ローカル鉄道の旅して~!」っと鉄道の旅に目覚めさせていただきました(*´∀`*)、大学ということでついに夢が叶う・・・はず!そんなわけでみんちゅさんに目覚めさせていただいた夢が叶いそうですヽ(*´∀`)ノ
動画・ブログ楽しみにしています!

Re: No title

> たろす様

今まで当たり前にあったものがなくなってしまう、というのはやっぱり寂しいですね。
せめて、その記憶だけはずっととどめておきたいですね。

インフルエンザ、大変でしたね(゚o゚;;
まだまだ寒い日が続いていますし、お体には十分気をつけてくださいね!

Re: No title

> 紫様まじ女神様

はじめまして! ご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

2年も前から観て頂けてるなんて、すごく嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ
そして、大学ご入学おめでとうございます!
ぜひこれから、どんどん鉄道の旅を楽しんでくださいね!

私も、動画もブログも頑張っていきます!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。