スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「琴浦さん」第10話感想 すれ違う2人。一方、物語はサスペンスへ

第10話「だけどあなたはいない」

2013032201.jpg


前回、お母さんとの絡みでほっこりさせたかと思いきや、
またも衝撃のラストで、視聴者を安心させてくれないアニメ「琴浦さん」
エロスなしのシリアス展開で送る、第10話の感想です。
2013032202.jpg

2013032203.jpg


冒頭、校門の前に警察や報道陣が集まり騒然としている学校。
心の声を聞いた琴浦さん、森谷さんが逮捕されたことを知ります。


2013032204.jpg


警察署内では、森谷さんが月野さんの取調べを受けていますが、
ショックのためか、茫然自失状態。そこへ・・・


2013032205.jpg

「森谷~~~~!!」
「森谷さ~~~ん!!」


2013032206.jpg

2013032207.jpg


いてもたってもいられなくなり、
警察署に乗り込んできた真鍋くんと琴浦さんの叫ぶ声が。
「私ちゃんとわかってるから! 森谷さんが巻き込まれただけだってこと!」
という琴浦さんの言葉に、森谷さんも我に返ります。


2013032208.jpg


案の定、追い出されてしまった2人。
そして警察署の前では、宗教団体森谷道場の皆さんが、
抗議のモリの舞を・・・


2013032209.jpg

2013032210.jpg

公安にマークされるだろこれ。
やはり、森谷道場を敵に回すと恐ろしいですね。


2013032211.jpg

2013032212.jpg


森谷さんを助け出そうにも、なす術が無いESP研。
そこへ、こっそり彼らを手招きする月野さんの姿が・・・


2013032213.jpg

2013032214.jpg

2013032215.jpg


月野さんの計らいで、森谷さんと再会できたESP研。
カツ丼食べてる森谷さん可愛い。


2013032216.jpg

2013032217.jpg

2013032218.jpg


前回、友人が無責任な噂を流しまわっていることを知った森谷さん、
噂を流すのをやめさせようと、その子を探し回っていたら、
通り魔に襲われた友人を発見し、犯人と誤解され逮捕されてしまったとのこと。


2013032219.jpg

2013032220.jpg


「森谷さんは犯人じゃない! 私、本当の犯人を知ってるんです!」
その時、「面白そうな話をしてるじゃねえか・・・」と、ヤマさん登場。


2013032221.jpg

2013032222.jpg


森谷さんを助けるために、意を決して自分の能力のことを話す琴浦さん。
しかし当然ながら、超能力があるという話をヤマさんは真に受けてくれません。


2013032223.jpg

2013032224.jpg


それならばと、部長の命でヤマさんの心を読み、
かなりいたたまれない秘密を暴露する琴浦さん、
これには流石のヤマさんも観念しました。


2013032225.jpg


しかし、だからといって森谷さんを釈放することはできないというヤマさん。
超能力に証拠能力が無いこと、そして警察のメンツを理由に挙げますが、
それを聞いて激昂したのは御舟部長。


2013032226.jpg

「警察のメンツ!? さんざん利用して母を見殺しにしておいて!!」

2013032227.jpg

2013032228.jpg


その時、ヤマさんの脳裏をよぎる記憶。
ヤマさん、部長のお母さんが自殺した現場に居合わせたのですね。
その時に見た少女が、目の前の部長であることに気づきました。


2013032229.jpg

2013032230.jpg


これ以上話しても意味が無いことを悟ったか、
「もう行きましょう」と促す御舟部長。
固く握り締めながら震える部長の手を、室戸くんがそっと手に取ります。


2013032231.jpg


警察署からの帰り道。
「やっぱり、私たちで犯人を見つけましょう」と言う御舟部長。
「森谷さんのためにも、今こそ超能力を役立てるチャンスじゃないかしら」
・・・そう言いつつ、琴浦さんの力をこの機会に利用し、
超能力の存在を立証しようと、焦っているのが心を読めなくても駄々漏れです。


2013032232.jpg


しかし・・・おそらく、そんな部長の本心もわかっているにもかかわらず・・・


2013032233.jpg

「私・・・やります。私の力で、誰かを助けられるなら・・・」

ところが、真鍋くん・・・


2013032234.jpg

「・・・俺は反対だ。超能力を使った犯人探しなんて、断固として認めない!」

琴浦さんのことを、本気で心配して反対する真鍋くん。
琴浦さんも、そんな真鍋くんの気持ちをわかった上で、
それでも、自分の力を友達や先輩の助けにしたいと譲りません。


2013032235.jpg

2013032236.jpg


平行線を辿る2人の主張。
「こんなに言ってもわかってくれない真鍋くんなんて大っ嫌い!」
「そうですか! じゃあ勝手にしろ!」

ついに決裂してしまった2人、
それ以来、真鍋くんと琴浦さんは口をきかなくなってしまいました。


2013032237.jpg


結局、真鍋くんぬきで犯人探しを始めることにしたESP研。
琴浦さんに先に帰るよう促し、2人きりになった部長と室戸くん。


2013032238.jpg


「なんか昔に戻ったみたいね」
「ああ。最初は君と僕だけだった」
「そこへ琴浦さんや真鍋くん、森谷さんが入ってきて・・・楽しかったわ・・・」


2013032239.jpg


「ずっとそんな生活を続けるのも楽しいけど・・・やっぱり駄目。どんなことをしても私は・・・今度こそ軽蔑した?」


2013032240.jpg


「僕は君のことを肯定も否定もしない。ここにいるのは僕の勝手だから、気にしないで」


2013032241.jpg


そんな2人の会話を、扉の向こうで聞いていた琴浦さん・・・
やはり、全てを知った上で、琴浦さんは部長に協力しようとしているのですね。


2013032242.jpg

2013032243.jpg


帰り道、琴浦さんは月野さんに出会います。
月野さんに、「私の力で犯人を見つけ出す」
「この街で出会った人たちは私が変わるきっかけをくれた。だから今度は、私が助ける」
と語る琴浦さん。


2013032244.jpg


しかし月野さん、「ごめんよくわかんない、私友達とかいないから」と、
さらっと流されます。


2013032245.jpg

2013032246.jpg


「きっと良い友達なんだろうね。だってみんな、平気な顔であなたのそばにいてくれるんだもんね」
正直すぎる月野さんの言葉に、琴浦さんは戸惑います。


2013032247.jpg

2013032248.jpg


その夜。
街では、また新たな被害者が・・・


2013032249.jpg

2013032250.jpg

2013032251.jpg


拘留中に新たな被害者が出たことで疑いが晴れ、釈放された森谷さん。
しかし琴浦さん、犯人探しを続けようと提案します。
独自に調査を続けるESP研ですが、進展の無いまま、時間だけが過ぎていきます。

そんな時、月野さんから電話が・・・


2013032252.jpg


「もう危ないことに首を突っ込んじゃ駄目」
「特に2丁目の裏手あたりは、犯人が潜伏してる情報があるから絶対に近づかないで」

なんだか、露骨に誘導臭い言葉・・・


2013032253.jpg


それを聞いた部長、
なんと自らをおとりにして、犯人をおびきよせようと決心します。


2013032254.jpg

「今しかないのよ! 超能力を、母をあざ笑った人間を見返してやるには!」
もう、なりふり構わぬ手段に出た部長。
母を想うあまり、暴走してしまっていると言っても過言ではありません。


2013032255.jpg

2013032256.jpg


月野さんから言われた場所に向かう部長、その後を追う一行。
その時・・・


2013032257.jpg

2013032258.jpg

(クク・・・アイツタシカ御舟ッテイッタナ・・・ヤッパリ来ヤガッタ・・・!)

2013032259.jpg


犯人の心の声が聞こえました。
「なんで・・・!? なんで犯人が部長の名前を知ってるの・・・!? やっぱり来たかってどういうこと・・・!?」
予想外の事態に、我を失いかける琴浦さん。


2013032260.jpg


(もう少しだからね、お母さん・・・)
(お母さんを否定した奴らの鼻を、明かすことが出きるんだよ・・・!)
(だから見てて、お母さん・・・お母さん・・・!)


その時――


2013032261.jpg

「百合子ー!!」

2013032262.jpg


振り向いた瞬間、振り下ろされる凶器・・・鈍い音・・・


ここで終わりかあぁーー!!
次回が気になりすぎる!!
部長は無事なのか!? 誰かがかばったのか!?
そして、犯人は誰なのか!?

今まで、改変しつつも大筋は原作に沿っていたアニメですが、
ここに来て、オリジナルの展開を持ってきました。
そしてそれが、予想外に面白すぎます。
原作を知っていても、次の展開が読めません。

なので、ここは一旦原作は忘れて、頭を空っぽにして楽しむことにします。
ここまでの展開を見れば、犯人の正体は月野さんしかなさそうですが・・・
でも、ここまであからさまだと、ミスリードなのでは? と疑ってしまいます。


2013032263.jpg


アニメ「琴浦さん」も、残りあとわずか。
今回、オリジナル展開を持ってきたことでかなりハラハラしながら観ましたが、
次回、通り魔事件がどのような決着を見せるのか、
そして真鍋くんと琴浦さんの関係がどうなるのか、
大いに期待したいと思います。





TVアニメーション「琴浦さん」その2【特装版】 [Blu-ray]TVアニメーション「琴浦さん」その2【特装版】 [Blu-ray]
(2013/05/01)
金元寿子、福島潤 他

商品詳細を見る


琴浦さん3 (マイクロマガジン☆コミックス)琴浦さん3 (マイクロマガジン☆コミックス)
(2011/09/03)
えのきづ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 琴浦さん - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。