スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「琴浦さん」第9話感想 勃発する通り魔事件、そして母親との再会

第9話「まわりにはみんなが」

2013031501.jpg


前回の衝撃のラストで、一気に視聴者を日常→シリアスへと叩き込んだ「琴浦さん」
新展開を迎えた、第9話の感想です。
2013031502.jpg


冒頭、いきなりの新キャラ登場。
刑事の「ヤマさん」こと石山刑事と、
その部下の色んなところがおっきい月野さんです。


2013031503.jpg

2013031504.jpg


場所は事件現場、前回までの日常回とはかけ離れた雰囲気です。
女子高生ばかりを狙った通り魔事件の捜査をしている2人。
原作では殺人鬼でしたが、アニメでは通り魔に変更したようですね。
あまり人が死ぬ描写は放送しづらいのか、仕方のない改変でしょう。


2013031505.jpg


場面変わって、ESP研の部室。
前回倒れた後、大事には至らなかったようですが、
恐ろしい人の心を覗いてしまったショックで、また心が読める能力の戻った琴浦さん。


2013031506.jpg

2013031507.jpg


通り魔事件が起こっていること、最新の被害者が自分たちの学校の生徒であることを知り、
やはりあの時、心を読んだ相手が犯人だったのでは? と、琴浦さんは怯えてしまいます。


2013031508.jpg

2013031509.jpg

2013031510.jpg


あんな恐ろしいことを考えている人物に会ったのは初めてで、
1人になると、怖くなってきてしまう琴浦さん。
真鍋くんを呼び止め、一緒にいてくれるよう懇願します。


2013031511.jpg

2013031512.jpg

2013031513.jpg


なんか、一夜を共にする流れに。
琴浦さん、1人でいることの怖さより、
真鍋くんを泊めることの怖さの方が勝ってきてしまいます。
その時、琴浦さん宅を訪問する何者かの影
やって来たのは・・・


2013031514.jpg

ひとつ 人の弱みにつけこんで

2013031515.jpg

ふたつ 不埒なエロス三昧

2013031516.jpg

みっつ 淫らな性交遊を

2013031517.jpg

退治してくれよう 森太郎!(原作より)

そこにいたのは、般若と化した森谷さん。怖すぎ
通り魔よりか、こっちの方がよっぽど怖いと思うのは私だけでしょうか。


2013031518.jpg

2013031519.jpg


「あんなエロスとふたりっきりで、ひとつ屋根の下なんて、どうなるかわかるでしょう!?」
哀れ、真鍋くんはボコボコにされて放り出され、
琴浦さんの貞操は無事?守られたのでした。


2013031520.jpg

2013031521.jpg

2013031522.jpg


翌日、学校に登校する一行。
そこで、事件の捜査をするヤマさん月野さんに出会います。


2013031523.jpg

2013031524.jpg


事件について聞かれますが、琴浦さんが「犯人の心を読んだ」と言えるはずもなく、
その場は何も知らないことにして終了。


2013031525.jpg

2013031526.jpg


別れ際、何かを思い出したように御舟部長を見るヤマさん。
おそらく、かつて部長のお母さんが警察の捜査に協力していた時、
幼い頃の部長に会ったか、現在の部長にお母さんの面影を見たのでしょう。


2013031527.jpg


第2話での部長の回想で、画面の隅にヤマさんがいたことが伏線になっていますね。


2013031528.jpg

2013031529.jpg

2013031530.jpg


教室でも、通り魔の話題で持ちきり。
「本当に黙ってて良かったのかな・・・」と言う琴浦さんに対し、
「超能力のことなんて説明しようがない」
「犯人とはすれ違っただけで、顔も見てないのだからどうしようもない」
と励ます森谷さん。
しかし一連の会話を、かつての森谷さんの取り巻き女子2人に聞かれてしまいます。


2013031531.jpg

2013031532.jpg


しつこく通り魔のことを聞き出そうとする取り巻き2人。
それに対して森谷さん、
「しつこいわね! いい加減にしなさいよ!」
と思わず声を荒げ、何だか険悪な雰囲気に・・・


2013031533.jpg

2013031534.jpg


噂はあっという間に広まり、尾ひれ背ひれがついて、
「琴浦さんが犯人を知っているのに、警察に言わない」と、
無責任な噂になってしまいました。


2013031535.jpg


なんとか手を打ちたいESP研ですが、妙案は浮かびません。
その時、御舟部長が一言、「いっそのことその噂、もとから絶っちゃおうか」


2013031536.jpg

2013031537.jpg


「琴浦ちゃんの能力を使って、私達が犯人を捕まえればいい」
と、突飛な提案をするものの、即座に皆から却下されました。
前回に続いて、黒い、黒いです部長。
琴浦さんを利用する、という魂胆が、本心を隠していたとしても見え見えです。


2013031538.jpg


そんな時、唐突に琴浦さんのおじいさんから連絡が。
なんでも、こちらに来ているのでみんなで夕食を、ということ。
「タダ飯が食える」と息巻くESP研、しかし森谷さんは、琴浦さんの誘いを断ります。


2013031539.jpg

2013031540.jpg

(私のせいだもの・・・私がなんとかしないと・・・!)

・・・まずい、まずいです。
こういう時に単独行動とか、ヤバいフラグが立ちまくってます森谷さん。


2013031541.jpg

2013031542.jpg

2013031543.jpg


ところ変わって、ホテル最上階のレストラン。豪華な装いに目を輝かせる部長たち。
おじいさん曰く、自分を呼んだのは、部長と森谷さんとのこと。
元気の無い琴浦さんを心配した、2人の計らいだったのでした。
なんだかこのあたり、琴浦さんを利用しようとするも悪役になりきれない、
そんな部長の複雑な心情が垣間見える気がします。

と、その時でした。

「あら、父さん」

2013031544.jpg

ラスボスこと琴浦さんのお母さんが登場。

2013031545.jpg

2013031546.jpg


「あら、あんたも一緒だったのね」
「まったく、挨拶もできないの?」

突然の母との邂逅。伝えたいことがたくさんあるはずなのに、
いざ前にすると、何も言えなくなってしまう琴浦さん。


2013031547.jpg

2013031548.jpg


「こんにちは。久美子さんの娘さんだってねえ」
お母さんの連れの男性、津山から挨拶されるも、
なにやら良からぬ思考を感じたのか、思わず表情を歪めてしまいます。


2013031549.jpg

2013031550.jpg


「やめなさい春香! あんた、また・・・!」
琴浦さんに詰め寄るお母さん、
怯えてしまった琴浦さんは、後ずさりますが・・・


2013031551.jpg

2013031552.jpg

2013031553.jpg


そんな琴浦さんの背中を受け止める、ESP研の仲間たち。


2013031554.jpg

(ああ・・・そうか・・・一番、話したいこと・・・)

2013031555.jpg

「お母様、私・・・友達ができました」
お母さんに伝えたかったことを、言葉にする琴浦さん。


2013031556.jpg


「そう・・・まあせいぜい、気をつけることね」
「でないと・・・また全部なくすわよ」

それでも、なかなか心を開こうとしないお母さん。
再び、空気が悪そうになったところ・・・


2013031557.jpg


「真鍋義久っていいます! 俺、琴浦から離れる気とか全然ないんで!」


2013031558.jpg

2013031559.jpg


真鍋くん、いきなりのエロス爆発
これには、流石のお母さんもあっけにとられてしまいます。
見かねたお母さん、思わず、


2013031560.jpg

「ちょっとあんた! いい加減にしなさい!」

2013031561.jpg

2013031562.jpg


強烈なエルボーをボディに食らわせます。
「下品な男ね! 趣味悪いわよ、春香!」

2013031563.jpg

2013031564.jpg

「お、お母様・・・」
我に返るお母さん。
とっさに琴浦さんをエロスから庇おうとした、それは当たり前のお母さんとしての姿です。

ここでも、真鍋くんの良さが出ましたね。
お母さんの前に、怒って飛び出すではなく、
あくまで真鍋くんらしさを貫きつつ、お母さんの本音を引き出してしまうところがいい。
(単に、本能に忠実なだけともいいますが)


2013031565.jpg


「店を変えましょう、津山さん」
その場から立ち去る、お母さん。


2013031566.jpg


(今、ちょっとだけ触れることができた・・・なつかしい、お母様の心に・・・)
完全に和解とはいかなくとも、真鍋くんの体を張った計らい(?)で、
ほんの少し、お母さんとの距離を近づけることができた琴浦さんなのでした。


2013031567.jpg


本当に毎回、いい最終回に持っていくのが上手いですね~。
原作の殺人から通り魔への改変などもありましたが、
今後、通り魔事件とお母さんとの決着をどのような形でもっていくのか?
原作通りなのか、アニメならではの改変はあるのか?
残り少なくなってきましたが、期待して観ていこうと思います。

・・・そして、例によってED後の不穏な残り時間Cパートにて・・・


2013031568.jpg

2013031569.jpg


暗い、ビルとビルの間の路地。
血を流して倒れている、森谷さんの取り巻きの、黒髪の女の子。
その傍らに、呆然と座り込んでいる森谷さん


2013031570.jpg

2013031571.jpg


「嘘・・・違う、こんなの・・・私・・・」
血まみれの、森谷さんの両手・・・


2013031572.jpg

「うわああぁぁ~~!!」

2013031573.jpg

そろそろ森谷さんを許してあげて(´;ω;`)
一体、森谷さんの身に何が起きたのか?
サブタイトルも意味深な次回に続く!





TVアニメーション「琴浦さん」その2【特装版】 [Blu-ray]TVアニメーション「琴浦さん」その2【特装版】 [Blu-ray]
(2013/05/01)
金元寿子、福島潤 他

商品詳細を見る


琴浦さん2 (マイクロマガジン☆コミックス)琴浦さん2 (マイクロマガジン☆コミックス)
(2010/11/28)
えのきづ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 琴浦さん - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。