スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子電鉄、自主再建を断念・・・今こそ、みんなで応援する時!

鉄道好きの自分にとって、気になるニュースが飛び込んできました。
ぬれ煎餅で有名な千葉県の銚子電鉄が、自主再建を断念したそうです。

<銚子電鉄>自主再建を断念、市などに支援要請 震災打撃

13020301.jpg
記事によると、東日本大震災以後、風評被害等で観光客が激減。
自主再建を断念し、今後は市内の財団法人や市、県に支援要請を行っていくそうです。

三陸鉄道のように、震災で直接、大規模な被害を受けた鉄道もありますが、
風評被害・・・こんな形で、打撃を受けてしまうとは・・・

銚子市自体は、津波による直接的な被害は少なく、
勿論、海産物から、基準値を超える放射性物質なども検出されていません。
それでも震災以来、銚子や九十九里への客足は遠のき、
ホテルの閉館等も相次いでいるそうです。
こうした記事を見ると、なんだか悲しくなってきますね・・・

銚子電鉄には私も何度か乗りましたが、
短い路線の中にのどかな風景が楽しめる、とてものんびりした魅力的な鉄道です。
ぬれ煎餅やたい焼きなどでも有名ですね。
あの風景、あの鉄道が無くなってしまうのは、あまりにも忍びないです。

記事には、「当面の運行に支障はない」とありますが、
予断を許さない状況にあるのは確かでしょう。

かつて同鉄道が経営難に陥った時、
ネットでのたくさんの人たちの呼びかけによってぬれ煎餅が購入され、
同鉄道は廃止の危機を脱したことは記憶に新しいと思います。
一人ひとりの力は小さくても、それが集まれば、大きな力になるかもしれません。

鉄道好きな皆さん、今こそ、助け合う時!
天気の良い日は、のんびり銚電に乗って、
ぬれ煎餅や海の幸を食べに行くのもいいかもしれません。
私も時間を作って、また銚子電鉄に乗りに行きたいと思います!

13020302.jpg




銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん> 5枚銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん> 5枚
()
銚子電鉄

商品詳細を見る



銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん>うすむらさき 5枚銚子電鉄 銚電のぬれ煎餅<ぬれせん>うすむらさき 5枚
()
銚子電鉄

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅 - ジャンル : 旅行

コメント

No title

千葉県出身の私は小さい頃銚子に行った際は必ずこの銚子電鉄に乗せてもらっていました。ぬれ煎餅で救われた鉄道として話題になったときは廃止が撤回されることもあるんだと感激したのをよく覚えています。応援するために、また近いうちに乗りに行こうと思います。たとえ幽々子様に食べ物を食べ尽くされてもいいから、また八雲一家ご一行に来てもらいたいですね(笑)

No title

かなり久々にコメントをさせていただきました。
実は私、年末年始に実家に帰省し、勤務先へ帰る途中銚子電鉄に乗っていたものでして…。

休日という事もあり、大勢の観光客の笑顔を乗せて、小柄な電車は千葉の原風景の中をトコトコと走っていました。
ただ、震災前に訪れた時と比べると、やはり人は少ないように見えました。風評被害という眼に見えない悪夢によって、再びこの路線が危機に立たされているとは…。

しかし、ここで銚子電鉄が終焉を迎えるのが、私は想像できません。
先の震災で大きな被害を受けた東北地方ですが、今でもみちのくの列車達は、雨の日も風の日も雪の日も、ひたむきに走り続け、地元の方々の生活を運んでいます。
そこに人々の営みがある限り、彼らはこれからも走り続け、地域の復興のため尽力するでしょう。
私もその思いを胸に、日々働いております。元気な東北を取り戻すために…。

いつか東北の鉄道と同じように、銚子電鉄にも近い将来、人々の心の中に『未知の花』を咲かせ、『魅知の旅』を満喫できる暖かい日々が帰ってくることを信じております。(もう既にもたらしているでしょうが…)
今後も機会があれば、支援もかねて銚子へ旅行に行こうかと思います。
みんちゅさんもお時間があれば、是非東北のローカル線に遊びにいらして下さいね。



長文失礼しました。次回作も楽しみにしております。



P.S. 週末、津軽鉄道のストーブ列車に乗りに行くことにしました。もちろん、前回の旅記事の影響を受けてです。(笑)

Re: No title

> 北斗星99号様

千葉出身の方にとっては、私よりもさらに身近な話題かと思います。
小さい頃から乗っていらしたのなら、なおさらでしょうね・・・

でも、かつてぬれ煎餅の力で廃止の危機を脱したように、
まだまだ私たちにも出来ることはあるはずですよね!
私も、ぜひ乗りに行って、八雲一家よろしく応援したいと思います(`・ω・´)

Re: No title

> ササッチ様

お久しぶりです! コメントありがとうございます。

ササッチ様も、銚子電鉄に乗っていらしたのですね!
風評被害・・・こんな形で、銚子電鉄が危機に立たされるとは思ってもみませんでした。

目に見える被害の大きな東北の鉄道に注目しがちで、
銚子電鉄がこのような苦境に立たされていたとは知らず、
自分の見聞の狭さに、情けなさと悔しさを感じるばかりです。

頑張っている東北の鉄道と同じように、
銚子電鉄も、なくなってほしくない気持ちは同じです!
また時間を作って、東北の鉄道はもちろん、
銚子電鉄にも乗りに行きたいと思います!

> P.S. 週末、津軽鉄道のストーブ列車に乗りに行くことにしました。もちろん、前回の旅記事の影響を受けてです。(笑)

私の記事で、少しでも興味を持って頂けたのなら嬉しい限りです(*´∀`*)
ぜひ、楽しんできてくださいね!

No title

震災の爪痕をまざまざと見せ付けられた気分です。
かなり昔に父親に連れられて乗りに行った記憶しかなく、去年くらいからまた乗りにいかないと…でも乗りにいくなら夏がいいよな~なんて思っていた矢先のこの記事です。

銚電や震災被害を受けた東北の路線のみならず全国のローカル線は日本の風景を彩る一端を確実に担っているんです。
田園風景の中を、豊かな川のせせらぎの脇を、色とりどりの渓谷美の間を。そんな美しい日本の風景の中の鉄道、無くなってほしくない。改めてそう思わされました。

No title

昨日、SL・DLの運転があって銚子を訪れたのですが、まさかこんなことになるとは思ってもいませんでした。
下総地区の住民からしてみれば、銚子電鉄を失うことは、東京都から東京タワーを奪い取るようなものです。
しかしながら、「いくら経営がうまくいかなくても、残しておきたい」という言葉だけでうまくいくわけがないので、我々に残された選択肢が、「会社を支援できるような行動をする」か、「腹を括るか」の二択になってしまう日が近いうちに来てしまうのですかね。

No title

千葉の新聞に銚電の記事が一面にありどんな内容だろうと読んでみたら
これほどまでに赤字が酷かったとは・・・衝撃を受けました。

少し話題が変わりますが、先日テレビで極寒の地でも頑張る人達を取材するという番組があり、その舞台の一つに秋田の由利高原鉄道が紹介されていました。
赤字で経営が苦しい中、車両運転だけでなく車両についた雪を落としたり、落とした雪を運んだりと一人何役と仕事をこなす姿を見て、
このローカル線に乗ってみたい、ここで働く方々の頑張りに応えたいと思いました。

銚子電鉄も、経営は苦しくとも必死になって頑張ってる。
ならば銚子電鉄にのり、観音駅でたい焼きを食べ(たこやきもおいしい!)お土産にぬれ煎餅等を買うことで、少しでも助けになれればと改めて思いました。

Re: No title

> たろす様

たろす様のおっしゃる通りだと思います。
美しい風景や故郷の一部であるローカル線は、
なくす訳にはいきませんよね。

私たち一人ひとりが、応援していかなければなりませんね!

Re: No title

> 久留里線のとりこ様

やはり、久留里線のとりこ様のように地元の方にとっては、
私のような外部の人間よりも銚子電鉄に対する想いは強いのではないかと思います。
願わくば、たくさんの人たちが「会社を支援できるような行動をする」ことで、
存続に向けた道を作っていきたいですね。

Re: No title

> タジンなべ様

由利高原鉄道・・・まだ乗ったことはありませんが、
タジンなべ様のコメントを読んで、乗ってみたくなりました。

地方鉄道は、銚電や由利高原鉄道に限らず、どこも苦しい経営を強いられています。
でも、そこにいる人たちは、それぞれの想いを持って頑張っているのですよね。
私たちも、少しでもその頑張りに応えていかなければなりませんね。

まずは私たちの、出来ることから!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。