スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWだよ! 北海道上陸! 函館本線巡りの旅! その5

GWとか言ってて世間じゃすでに7月です。本当にありがとうございました。
まだGWの話題続いてるのかよ! ・・・って感じですみません><
ああ・・・あの楽しかったGWも、もう2ヶ月も前なんだなあ・・・(遠い目
いや、あともう少し頑張ればお盆休みだ、踏ん張れ俺! という訳で、終わりも見えてきたGW旅行記です!

12070901.jpg

さて、前日は比羅夫駅(駅の宿「ひらふ」)で1泊し、
オーナーと仲良くなったおじさんに見送られつつ、列車に乗ってさらに北を目指します。

「山線」の、朝ののどかな風景を眺めつつ列車に揺れること1時間半、降りたのは・・・

12070902.jpg

12070903.jpg

ここ、小樽駅です!
観光地としてもお馴染みの港町・小樽の玄関口に相応しく、
小樽駅もモダンな異国情緒にあふれています。
という訳で4日目は、小樽観光を満喫します!

小樽を訪れるのは2度目なのですが、前回訪れた際はグループ旅行で、
あまり時間も取れずじっくりできませんでした。
今回は時間もたっぷり、レンタサイクルを借りてLet's Go!

さて、まず向かったのは、街中に残るこちら、手宮(てみや)線跡地です。

12070904.jpg

この手宮線は、北海道で最初に造られた鉄道路線の一部で、
かつては石炭や海産物の積み出し等でにぎわいましたが、1985年に廃線となってしまいました。
現在はこうして、路線の一部が遊歩道として整備されています。

12070905.jpg

色内(いろない)駅跡は、休憩所として復元されています。

12070906.jpg

12070907.jpg

街中ではありますが、緑も多く、実にのどかです。
往時の手宮線の風景が浮かんでくる気がしますね。

さて、この手宮線の跡を、線路に沿って進んでいきます。

12070908.jpg

遊歩道は無くなりますが、驚くべきことに、線路のほとんどが残されています!
踏切跡まで残っているのは感動です。

12070909.jpg

12070910.jpg

そして線路を辿っていき、最後にたどり着くのが・・・

12070911.jpg

12070912.jpg

こちら、小樽市総合博物館です!
ここは、かつては手宮線の手宮駅だった場所です。
北海道の鉄道の敷設は、この地から始まりました。小樽が、北海道の鉄道発祥の地と呼ばれる所以ですね。
現在は、こうして鉄道を始めとした交通、科学に関する博物館が建てられているのです!

12070913.jpg

うおー、すごい眺め! 壮観です!
屋外にも、こうして貴重な列車の数々が保存され、展示されています。

12070914.jpg

転車台だってあります!

いや正直、ここにあるものは全て紹介しきれないくらい、本当に素晴らしいものばかりです!
なんか写真も膨大になっちゃいそうなので、詳しい紹介はまた次回!
スポンサーサイト
コメント

No title

初カキコです。線路跡に踏切まで残っているのはすごいですね!しかし北海道の鉄道旅にはまだまだ経験が足りない自分。昨日は小湊鉄道に行きましたが動画を参考にさせていただきました!

Re: No title

> たろす様

はじめまして! ご訪問&コメント、どうもありがとうございます。

ここまで色々残っているとは思わなかったので、
私も実際に見たときは感激しました!

> 昨日は小湊鉄道に行きましたが動画を参考にさせていただきました!

参考にして頂いてどうもありがとうございます! 感激です!
良ろしければ、ぜひ他のローカル線も訪れてみてください!(*´▽`*)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【GWだよ! 北海道上陸! 函館本線巡りの旅! その5】

GWとか言ってて世間じゃすでに7月です。本当にありがとうございました。まだGWの話題続いてるのかよ! ・・・って感じですみません><ああ・・・あの楽しかったGWも、もう2ヶ月も前な...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。