スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾旅行に行ってきました!

早いもので、8月ももうすぐ終わりですね~。
ところで私、8月の27日から29日まで、台湾を旅行して参りました。
その時のことについて、いくつかご報告したいと思います。

今回はグループ旅行だったので、別に鉄道を巡る旅ではなかったのですが(笑
故宮博物館や、「千と千尋~」の舞台のモデルとなった「九份」の町などを観光し、
非常に楽しい旅でした^^

12083001.jpg
「千と千尋の神隠し」のモデルとなった、九份の町並みです

そんな中、「十分老街」という、これまた古い町並みの残る場所があるのですが、
そこを観光していた最中のこと・・・

12083002.jpg

12083003.jpg

なんと、町の中を通る線路の向こうからやってくる列車の姿が!
後で調べてみたら、これは台北郊外のローカル線、「平渓線」の列車のようです。
この近くに「十分駅」があり、ここは路面電車のように、
周囲に建物が張り出す中を列車が走る場所のようです。
アジアンテイスト溢れるこのシチュエーション!
日本のローカル線とは一味違う、こんな雰囲気も良いですね!(≧∇≦)b

さて、台湾で本屋さんに寄ってみたのですが、
そちらでも面白い本をいくつか見つけたのでご紹介します。

まずはこちら、なんと日本の鉄道を紹介した本です!

12083004.jpg

全部で160の路線や列車、鉄道保存施設等が紹介されているのですが・・・
有名どころはほぼ全て押さえられており、日本のガイドと比べても全く遜色ありません!

12083005.jpg

台湾にも、日本の鉄道に詳しい方はいらっしゃるのですね!
なんだか、嬉しくなってきます^^

そしてこちら。「東方儚月抄」の台湾版です!

12083006.jpg

日本のサブカルチャーは台湾の若い世代に浸透しており、
日本の漫画も多数翻訳されて出版されているのは知っていましたが、
漫画版の東方も出版されているのですね!
確かに、pixivやニコ動にも、東方の作品を投稿されている台湾の方は多いようですし。

12083007.jpg

12083008.jpg

「てゐ」の名前が「因幡帝」・・・w
いや、意味的に間違ってはいないですが(笑
日本語版と比べると、中国語の勉強にもなるかもしれませんね!

観光や食も満喫して、台湾の人たちもみんな親切で、今回は楽しい旅行でしたが、
台湾には、日本統治時代の古いローカル線や、日本の新幹線を輸入した台湾新幹線もあり、
鉄道の旅をするのもとっても楽しそうです!
いつか、台湾の鉄道を巡る旅もしてみたいですね(*´▽`*)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。