SLで行く、秩父路の旅

先週はぐずついた天気の日が多かったですが、
今日は朝からいいお天気で、絶好の行楽日和でしたね!
と言う訳で、退院後のリハビリがてら、秩父鉄道に乗ってきました!

熊谷から下り列車に乗って、
波久礼、上長瀞、和銅黒谷、秩父と途中下車しつつ、終点の三峰口を目指します。

10101101.jpg

10101102.jpg

秩父鉄道って、味のある古い駅舎が結構残っているのがいいですよね。
また、秋桜(コスモス)や彼岸花など、秋になっても色とりどりの花が
沿線に咲き誇っているのがとってもいい感じです。

10101103.jpg

10101104.jpg

そして、終点の三峰口に到着。
ここからは、上りのSL「パレオエクスプレス」に乗り込みます!

10101105.jpg

なんだか夏にSL人吉に乗って以来、大井川鉄道を旅した時といい、
すっかりSLのとりこになってしまったようですw
このC58形363号機、通称「パレオエクスプレス」は、
「都心から最も近いSL」と銘打ち、秩父鉄道の代名詞的存在です。
自分が乗るのはこれが2回目。
ここから熊谷まで、約2時間の旅の始まりです!

10101106.jpg

窓から香ってくる、煙の香り。
うん、やっぱりSLは、この香りがないといけませんよね。
あんまりスピードも出ず、のんびりとことこ、時には車に抜かされたりもするけれど、
この煙の香りや汽笛の音を感じながら、ゆっくり車窓を眺めていると、
ほんとに2時間という時間はあっという間に過ぎていきます。
う~ん、このまったり感、やめられません。

10101107.jpg

車窓から、写真を撮る人たちや、笑顔で手を振るたくさんの子供たちの姿を見ていると、
SLって、世代を超えて愛されてるんだなあって気がします。
どうか、今も日本の各地で頑張るSLたちが、
これからもずっとずっと、愛されながら走り続けてほしいと思います。

スポンサーサイト