「RAILWAYS」を観に行きました!

遅ればせながら観に行きました、「RAILWAYS ~49歳で電車の運転士になった男の物語」。
ずっと観たかったんですけど、なんとなく観に行くタイミングを逃していて、
気がつけば、どこの映画館も公開終了に・・・(汗
県内でまだ公開している映画館を探し、ようやく今日、観に行ったという次第です。

さて、観てみた感想ですが・・・
感動。この一言に尽きます。

中井貴一さん扮する、一流企業に勤めるエリートサラリーマンが、
母が病に倒れたのを機に故郷の島根に帰り、
そこで幼い頃の「一畑電車の運転手になる」という夢を思い出し、
そしてその夢をかなえる、という物語です。

不覚にも、映画の端々で涙してしまいました。
夢をかなえる、ということの素晴らしさ。
夢をかなえるのに、年齢はいらない。
あせらず、ゆっくりやっていくのも、悪くない。
そんな暖かいメッセージが、スクリーンを通して伝わってきました。

主演の中井貴一さんの演技が素晴らしいです。
幼い頃からの夢をかなえるため、若者に混じって研修を受けている時の、ひたむきな表情。
そして、夢をかなえ、あこがれのバタ電のハンドルを握るときの、
まるで子供のように、きらきら目を輝かせている時の表情。
そう、ひたむきに夢を追う人は、こんなにもかっこいいんですよね。

私自身も、今の自分の環境と重ね合わせて、なんだか思うところがありました。
もともと今の仕事も、好きで始めたものだったはずでした。
それが、日々の売り上げに追われている内、いつしか「好き」という気持ちも忘れ、
苦しくて、無味乾燥なものに変わってしまっていた気がします。
もう一度、「好き」だった頃の気持ちを思い出してみようか――
そんな気分になりました。

バタ電の車両や、鉄道に携わる人々の様子も、すごくいいですね!
この辺りの鉄道描写は、流石としか言いようがありません。
いいなあ、田園の中を走るデハニ50形、ローカル線ならではの、あの雰囲気・・・
まだ一畑電車には乗ったことがないのですか、
いつか絶対乗ってやる! という気になりました。

夢をかなえるまでの過程がうまくいきすぎだったり、
主人公も家族も、すぐに性格丸くなりすぎだったり、
周りの人もいい人だらけだったり、
突っ込もうと思えば突っ込みどころはいくらでもあるけれど、
そこをあれこれ言うのは無粋というもの。
だってこれは、大人のための、素敵なおとぎ話なのだから。

かつて、夢見る子供だったすべての大人に観てもらいたい、
極上の「青春映画」です。


「RAILWAYS」公式サイト
スポンサーサイト